偽物退治・・・・シロコロTV取材!

偽物が、大阪で出回っている騒動でTVの取材が入りました。

街づくりを悪用して商売にしている悪質業者を取材!

露天業者をカメラが追う!スーパーJチャンネル!来週放映予定!消費者に緊急告知!

P2030009_convert_20120204080533.jpg

大阪の橋下さん!世直しお願い致します????

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。今日、ボンパレのサイトで「ホルモン閻魔」というお店がシロコロホルモンを売っているのを見かけました。

このニュースを見ていたので、もしかしたらと思い、リクルートさんに問い合わせ中です。
まさか、大企業が堂々と商標権侵害しているかもしれない店舗を掲載しているとは思いませんが。。。。

こういう業者は本当に許せません。

偽物について

ご連絡有難う御座います。
認定店では、ありませんので偽物になります。
困った人たちが存在しますね!むかっとしますね!

お客ささんを騙して商売する事の恐ろしさが理解出来ないんでしょう!

通報有難う御座います。

一例です!

ネットモールにも賠償責任=出店者の商標権侵害で初判断―知財高裁
 インターネットショッピングモールの出店者に類似のロゴマーク付き商品を無断で販売され、商標権を侵害されたとして、権利者がモール運営者に100万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が14日、知財高裁であった。中野哲弘裁判長は「運営者が侵害を知った後、合理的期間内に是正しなければ、出店者だけでなく運営者にも賠償責任がある」との判断を示した。
 キャンディー「チュッパチャプス」の商標権を管理するイタリアの会社が、「楽天市場」を運営する楽天(東京)を訴えていた。原告側の代理人弁護士によると、ネットモール出店者による商標権侵害について、運営者が賠償責任を負う場合を明示したのは初めてとみられる。

 中野裁判長はその上で、楽天は侵害を知ってから8日以内に商品をサイトから削除していたとして、訴えを退けた一審東京地裁判決を支持し、原告側控訴を棄却した。
一審判決は、モール運営者は売買契約の当事者ではなく、侵害の主体にならないと判断していた

No title

返答がきました。

「ポンパレサポートデスクの荻原でございます。
ポンパレにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

ポンパレで販売をいたしておりましたチケットの件について、
ご連絡いただきました内容店舗へ事実確認をいたしましたところ、
店舗としても、商標の認識がなく、名前を使用していることが発覚いたしました。
事前の確認が甘く、大変申し訳ございません。

お客さまからのご連絡を受け、急きょ販売を中止すべく対応いたしました。
お知らせいただき誠にありがとうございました。

ポンパレといたしましても、企画段階での内容の精査を強化するなど、
見直しを図ってまいります。
何卒、ポンパレの変わらぬご愛顧を切にお願い申し上げます。」

とのことです。
未然に?防げたのかはわかりませんが、商標権について理解をされてないお店は結構あるんですね。
なかには悪意を持ってやってるとこもあるでしょうが。。。

このような方が減るといいですね。

さて、まだシロコロホルモンを食した事が無いので、神奈川帰省した際には是非伺わさせていただきます!




プロフィール

厚木シロコロ

Author:厚木シロコロ
私が、隊長のナカムラです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

デフォルトカウンター

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ